魔王の小説クラブ (ノア(サイズフェチの書き手))

ファンティアに登録してノア(サイズフェチの書き手)さんを応援しよう!

現在189人のファンが応援しています。

ノア(サイズフェチの書き手)さんのファンクラブ「魔王の小説クラブ」では、「魔王ノアのマッサージ」などの特別なコンテンツをお楽しみいただけます。

無料新規登録

魔王の小説クラブ (ノア(サイズフェチの書き手))
189

魔王の小説クラブ (ノア(サイズフェチの書き手))

主に、サイズフェチに関する小説を書くファンティアです。 作品は、PixivにもUPします。 おおよそ3000~5000ほどの短編書き手です。

このページをシェアしてノア(サイズフェチの書き手)さんを応援しよう!

ツイートすることで支援PTが獲得できます!

主に、一次、二次創作のサイズフェチの小説を書きます。

有料の会員の方には、月に1-2度、リクエスト小説の投稿を予定しています。
リクエスト作品は様々な理由からⅠ-2週間ほどかかります。
シチュエーションなどによっては、お断りする場合があります。

今月から、バックナンバーの販売を開始しました。
値段は現在650円ですが、状況を見て、変更するかもしれません

魔王ノアのマッサージ

神というのは、気まぐれである。 唐突に現れ、まれに人に試練を与え、まれに人々に恩恵を与える。 ゆえに、それは唐突に街中に表れたのだ。 『やぁ、初めまして、人類諸君、ボクはノア、魔王だよ。今日...
魔王の小説クラブ
魔王の小説クラブ

結月ゆかりの縮小

「くすっ・・・・・・起きてください、ゆかりさん」 ぐらり、っと、体が大きく揺れる感覚に、目を覚ます。 響く声は、・・・・・・そう、昨日は、確か、あかりちゃんの家に遊びに来て・・・・・・。 普段...
1
魔王の小説クラブ
魔王の小説クラブ

魔王妃メイシアの足蹂躙

とある世界の、とある都市部。 その街角に、日の光を、キラキラと反射させるような銀髪に、炎を思わせるような赤いドレスをまとった美しい少女。魔王妃メイシアは、楽し気に鼻歌を歌っていた。 「~~~♪...
魔王の小説クラブ
魔王の小説クラブ

TSグランの無意識蹂躙

頭が痛い。 視界が、しゃんとしない。 私、何があったんだっけ。 確か、帝国兵に、・・・・・・・、あの、おっきな、怪物に・・・・・・。そうだ、思い出した……! あの、青い髪の・・・・・・・! ...
1
魔王の小説クラブ
魔王の小説クラブ

魔王ノアの超蹂躙

それは、ごく普通の日常であった。 車が走り、若者は、スマホを手にゲームを、忙しい社会人は、今日も、あくせくと、路銀のために働きに出る。 少女たちは流行りのミルクティをSNSにあげ、婦人たちは、...
魔王の小説クラブ
魔王の小説クラブ

嫁ネロが、クズマスターをだんだん小さくする

「・・・・・・全く、マスターよ。それでは足りぬ」 静かに、おれのサーヴァントは、そうつぶやく。 純白の装い。西洋風な結婚式で着られるそれは、おおよそ、戦闘を行う使い魔にはふさわしくないものであ...
魔王の小説クラブ
魔王の小説クラブ
すべてみる