ヒラルのファンクラブの投稿

  • あたしの知らない近代化改修

  • 忘れる筈も無い。それは息苦しくなる程に暑い、真夏の夜の事だった。 夜中に目を覚ましたあたしは、カラカラに乾いた喉を潤そうと食堂へと向かっていた。 夢か現かも疎らな瞼を擦るあたしの耳に――――...