玲瓏のファンクラブ

玲瓏

 初めまして、玲瓏です。
 ひょんな事からシナリオライターとして働いていますが、将来の夢は小説家、脚本家です。
 映画の脚本、アニメの脚本……。自分の創った物語が世の中に出ていく事を夢みています。

 小説をメインに書いており、人情物等、感動を起こすような作品、綺麗な作品を心掛けて執筆しています。人の心に語り掛ける作品を、ぜひ楽しんでください。

 夢を叶えるため、日々の精進を頑張っています。どうぞ、よろしくお願いします。

投稿20

  • 十九話

  • いつの間に寝てしまっていたのか、時間を見れば二度寝を始めてから二時間は経っているみたいだがもっと短いように感じた。マイは不格好ながらも涎を手で拭って上半身を起こした。  朝起きた時は寝間着姿の...

    • 十八話

    • 行く宛もなく町のベンチに腰掛けていた僕は、雲が泳ぐ青空を眺めていた。  本当ならこのままレーシャに会えばいい。どうしてかベンチに吸い寄せられてしまった。僕の心が弱いせいだろう。昨日の今日で、レ...

      • 十七話

      • 太陽が鬱陶しく思えていたその日に僕はラーヤの場所に向かった。臨時にラフレさんらの家が建設されている今、フェルプス一家はフォールズさんの家で居候生活を広げていた。 「ごめん、本読んでる時に邪魔だ...

        • 第十六話

        •  マイも、マイの家族も僕もレーシャが不憫に思えてならなかった。会議が終わった後、今後のスケジュール一覧を見ると、やるせなくなる。キャリーおばさんが紙に書いてくれた表には、レーシャをいかに上手く匿...

        • 十五話

        •  見知らぬ所からきた異邦人。記憶を失っている。そして、異邦人が来てから町に事件が起こり始めた。人々がレーシャの事を蔑ろにし始める要素は全て準備された。後は町内全体に波が広がるのを待つだけだ。 ...

        • 十四話

        •  外はさっきよりも煙の匂いが濃くなっており、バーベキューをする時の匂いとは全然違って、おどろおどろしい。  群衆は誰もが非日常的な空間に入り、慌ただしい。本当なら僕も、これから町の未来はどうな...

        プラン1

        無料プラン
        • 入会できます
        • 無料プラン

        • 月額0円

        無料プランです

        ファン23

        しーぷる
        • しーぷる

        • 支援ポイント:100pt
          • 応援しています!
        文芸同人サークル「空がみえる」
        やくたみ
        りんごあめ
        わさび
        • わさび

        • 支援ポイント:0pt
          • 応援しています!
        ひいらぎ
        氷結果汁
        ほげ
        • ほげ

        • 支援ポイント:0pt
          • 応援しています!
        oden
        • oden

        • 支援ポイント:0pt
          • 応援しています!
        ファンティア[Fantia]公式