淫語小説家になろうファンクラブ (淫語小説家になろう@範田紗々)

ファンティアに登録して淫語小説家になろう@範田紗々さんを応援しよう!

現在1486人のファンが応援しています。

淫語小説家になろう@範田紗々さんのファンクラブ「淫語小説家になろう@範田紗々」では、「【本気の淫語小説朗読】清楚な淫乱娘マリ~第1章~」などの特別なコンテンツをお楽しみいただけます。

無料新規登録

淫語小説家になろうファンクラブ (淫語小説家になろう@範田紗々)の投稿

淫語小説家になろうファンクラブ (淫語小説家になろう@範田紗々)の投稿一覧です。「【テキスト】淫語小説のタイトルを考える、淫語小説家の女性。」「【テキスト】淫語クリニックのエッチなナース。」など、642件の記事が投稿されています。

ツイートシェア

【テキスト】淫語小説のタイトルを考える、淫語小説家の女性。

【テキスト】淫語小説のタイトルを考える、淫語小説家の女性。

投稿者:フェラオ・ジュポス(福岡県) 「悩ましいわ」 人気淫語小説家、花山ユイは、指の間でしきりにブラブラさせていた ペンを、机の上に置いた。 「どうしたんです?...
5
【テキスト】淫語クリニックのエッチなナース。

【テキスト】淫語クリニックのエッチなナース。

投稿者:淫語王子(福岡県) 私は淫語クリニックという、淫語を使って患者さんのケアをする、 ちょっと変わった病院に勤務する20歳のナースなんです。 ナースの大事な仕事の一...
4
卑猥な人妻たちのチンポ嬲り。Vol.4

卑猥な人妻たちのチンポ嬲り。Vol.4

そんなある夜のこと、夫が自分の部屋にこもって何かしているので、 こっそり私が覗くと、なんと夫はネットの卑猥な動画を見て、チンポを ギンギンに勃起させて、センズリをこいていたんです。しかも、テ...
5
卑猥な人妻たちのチンポ嬲り。Vol.3

卑猥な人妻たちのチンポ嬲り。Vol.3

香奈さんは、 「若い男のイキリ勃ったビンビンのチンポを久しぶりに見て、興奮して きたわ。最近は夫が求めてこないので、いつもネットで男のチンポや男の センズリ動画を見て、マンズリをこくという...
6
卑猥な人妻たちのチンポ嬲り。Vol.2

卑猥な人妻たちのチンポ嬲り。Vol.2

最も過激なゆうさんは、二人のチンポを交互にじっくり見て、チンポに鼻をくっつけて匂いをかぐと、 「若い男の子のチンポはきれいなピンク色で、青臭い童貞君のいい匂いが するわ。ほんとにすぐしゃぶり...
5
【テキスト】AV研には手をだすな。

【テキスト】AV研には手をだすな。

投稿者:坂野坂46(愛知県) A「DVD買ってちょうだい! DVDいりませんかぁ。   …涼森氏、どうして我が視聴覚研究部の制作した  アニメは、売れ行きがいまいちな...
6
【テキスト】汚れたサンダルのお姉さん。

【テキスト】汚れたサンダルのお姉さん。

投稿者:フェラオ・ジュポス(福岡県) 僕が大学生だった頃の話です。当時僕は、家賃2万8千円の、 とてもきれいとは言えないような古びたアパートで、 質素に一人暮らしをして...
5
【テキスト】あるべき場所。

【テキスト】あるべき場所。

投稿者:フェラオ・ジュポス(福岡県) 信一は焦った。さすがに焦った。最近付き合い出した癒し系の彼女、 アカネが、初めて自分の部屋に遊びに来てくれているというときに、 あろうこと...
4
卑猥な人妻たちのチンポ嬲り。Vol.1

卑猥な人妻たちのチンポ嬲り。Vol.1

投稿者:淫語王子 私は35歳の人妻の美也子。ありきたりの夫婦の夜の営み、 つまりセックスライフに飽き足らず、同じマンションに住む32歳の人妻の ゆうさん、28歳の人妻の香奈さん、そして...
4
【テキスト】妄想ニュースコレクション。

【テキスト】妄想ニュースコレクション。

投稿者:かけだす男(宮城県) 私は某地方局で女子アナウンサーとして働いている。 毎日夕方の帯番組を担当しており、県民には顔を知られた存在だ。 カメラの前で日々のニュースや天気、エンタメ...
4
【テキスト】ドSな女医先生。

【テキスト】ドSな女医先生。

投稿者:淫語王子(福岡県) 僕は今年で30歳になるというのに、女性恐怖症で女の人と 付き合うこともできず、もちろんセックスの経験もない童貞なんです。 童貞といえば、もちろん楽しみは毎日かかさず...
4
【本気の淫語小説朗読】淫語童話 泣き虫チンポくんとオマンコ姫。

【本気の淫語小説朗読】淫語童話 泣き虫チンポくんとオマンコ姫。

淫語小説朗読家 範田紗々が本気で淫語小説を朗読いたします! セクシーな衣装に身を包み、表現力の限りを尽くして淫らに、艶めかしく感情を昂らせて… 人気の淫語小説 【淫語童話 泣き虫チ...
1
【完全版】広瀬と吉岡。

【完全版】広瀬と吉岡。

全国の淫語小説家から送られてきた淫語小説を 淫語小説朗読家 範田紗々がAVで培ったHなテクニックを 駆使して情感たっぷりに朗読します! 【あらすじ】 淡い青春の1ページのような淫語責...
1
広瀬と吉岡。Vol.6

広瀬と吉岡。Vol.6

「ねぇ?カバンからティッシュとって?」広瀬はカバンを漁り、 ウェットティッシュを取り出して吉岡に渡す。 「ね~?拭いてくれても良くない?」 『え?い…いいの?』広瀬はアワアワしながらティッ...
2
広瀬と吉岡。Vol.4

広瀬と吉岡。Vol.4

吉岡はチュポンと口から抜くと 「どお?初めてのフェラチオ」 『ぎ…ぎ持ち良すぎて…おがじく…なりそう…』全身の力で何とか 射精を止めているので上手く喋ることもできない。吉岡はそんな姿を ...
2
広瀬と吉岡。Vol.5

広瀬と吉岡。Vol.5

「ねぇ?どうする?」 『どうするって?』 「抜いてほしいんじゃないの?溜まってんでしょ?ほら」と金玉をタプタプと指で持ち上げる 『お…お願いします!』 「(笑)しょうがないなぁ。手と口、...
2
広瀬と吉岡。Vol.3

広瀬と吉岡。Vol.3

『え?…』 「手でされたことも無いんだよね?どんな感じか試してみる?」 『え?え?』とドキマギしていると、吉岡はジャージの腕をまくり、 透き通るように白くて細い右手が、スゥ~っと差し出され...
2
広瀬と吉岡。Vol.2

広瀬と吉岡。Vol.2

「え?これ、私の?…だよね?」 (はい。終わりました。人生終了) 「え、ちょ、返して?」左手に持ったブラと、竿に巻き付いたパンティーを奪う。広瀬はうつむき、瞬間的に縮んだおちんちんを両手で隠...
3
広瀬と吉岡。Vol.1

広瀬と吉岡。Vol.1

投稿者:広瀬(東京都) なぜこの高校は、体育でマラソンばかりするのか。広瀬はひとり、 教室の窓から快晴の空を眺めてから、机に突っ伏していた。体調不良と 嘘をついてサボったのは、マラソン...
2
【完全版】鈴懸の木の道で「君のまんこを夢に見る」と言ったら僕たちの関係はどう変わってしまうのだろう。

【完全版】鈴懸の木の道で「君のまんこを夢に見る」と言ったら僕たちの関係はどう変わってしまうのだろう。

全国の淫語小説家から送られてきた淫語小説を 淫語小説朗読家 範田紗々がAVで培ったHなテクニックを 駆使して情感たっぷりに朗読します! 【あらすじ】 とある出逢いの淫語物語…!? ...